ニュース・トピックス

2019年の健康寿命発表 厚労省

厚生労働省が12月20日、健康寿命の最新データを発表。 男女共に延伸しており、男性は72.68歳(2016年調査より+0.54歳)、女性は75.38歳(同じく+0.59歳)であった。

2019年の平均寿命は、男性が81.41歳(2016年は80.98歳で+0.43歳)、女性が87.45歳(同じく87.14歳で+0.31歳)。 健康寿命との差は、男性が8.73年、女性12.06年となり縮小の傾向が見られた。

なお、地域別の値も出されており、
男性は、1位 大分県(73.72歳)、2位 山梨県(73.57歳)、3位 埼玉県(73.48歳)
女性は、1位 三重県(77.58歳)、2位 山梨県(76.74歳)、3位 宮崎県(76.71歳)

最も健康寿命の長い地域と短い地域の差は
男性で2.33歳
女性で3.90歳
であった。

詳しい情報はコチラ

▶厚生労働省 資料

▶参考用 健康日本21(第二次)推進専門委員会 資料
前の記事へ 次の記事へ

ニュース・トピックス

連 載

サイドバー1_メルマガ
サイドバー2_セミナー一覧
サイドバー3_保健指導マーケット
サイドバー4_「教材・備品カタログ」送付申込
サイドバー5_防ごう!マルトリ マルトリートメント
サイドバー6_家族と健康