ニュース・トピックス

後期高齢者医療費負担 2割に

6月4日、参議院本会議で、後期高齢者医療費の窓口負担を現行の1割から2割に引き上げる法案が可決された。実施時期は、2022年度秋~翌年春の間。
年収が、単身世帯では200万円以上、2人以上の世帯では320万円以上の世帯が対象となる。

政府は、少子高齢化が進む中で、現役世代の負担上昇を抑えながら、全世代型社会保障を構築することを掲げている。今回の医療費引き上げもその一環である。

詳しくはコチラへ
厚生労働省「後期高齢者医療制度」(別サイトへ移動します)
参議院「健康保険法改正案を議決」(別サイトへ移動します)



<JFPAの社会保障教材はこちら>

前の記事へ 次の記事へ

ニュース・トピックス

連 載

サイドバー1_メルマガ
サイドバー2_セミナー一覧
サイドバー3_保健指導マーケット
サイドバー4_「教材・備品カタログ」送付申込
サイドバー5_防ごう!マルトリ マルトリートメント
サイドバー6_家族と健康