ニュース・トピックス

国立がん研究センター 喫煙と新型コロナに関する意識調査を発表

5月31日に、国立研究開発法人国立がん研究センターが、新型コロナウイルスとたばこに関するアンケート調査の結果を公表しました。この調査は、世界禁煙デーを前に、新型コロナウイルスとたばこについての国民の意識・認識を把握するために行ったものです。
主な結果は下記のとおり。

・55.0%の人が「喫煙者がコロナウイルスに感染した際には、重症化しやすい」と思っている
・59.4%の人が「喫煙所が、新型コロナウイルスの感染が拡大しやすい場所」と思っている
・58.3%の人が「新型コロナウイルス対策の一環として、喫煙所や喫煙室を閉鎖、あるいは使用停止すること」に賛成
・新型コロナウイルスの感染拡大による在宅勤務等によって、受動喫煙が増えていると答えた人は10.6%。対して、減っていると答えた人は1.6%

詳しくはコチラへ
国立研究開発法人国立がん研究センター「新型コロナウイルスとたばこに関するアンケート調査の報告書公表(別サイトへ移動します)

前の記事へ 次の記事へ

ニュース・トピックス

連 載

サイドバー1_メルマガ
サイドバー2_セミナー一覧
サイドバー3_保健指導マーケット
サイドバー4_「教材・備品カタログ」送付申込
サイドバー5_防ごう!マルトリ マルトリートメント
サイドバー6_家族と健康