メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
一般社団法人 日本家族計画協会

JFPAについて

理事長あいさつ/運動目標・基本方針・スローガンについて

2015年03月 更新

一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫

一般社団法人 日本家族計画協会
理事長 北村 邦夫

 一般社団法人日本家族計画協会(JFPA*)は昭和29年(1954年)に創立以来、行政と協力し、専門家の指導を得ながら、家族計画・母子保健の普及啓発のための事業を推進している公益民間団体です。

 本会は、家族計画は人間の尊重の上に成り立つことを踏まえ、「Every Child a Wanted Child」を基本理念に、「全国どこでも、誰でも、リプロダクティブ・ヘルス**のサービスが受けられる社会を実現する」を運動目標として以下の事業を行っています。

  1. 指導者養成のための各種研修会の開催と指導者ネットワークづくり
  2. 機関紙「家族と健康」(月刊)の発行
  3. 家族計画研究センター事業:診療・各種電話相談・避妊・不妊・性に関する健康教育・性感染症予防・子宮頸がん予防・遺伝相談等
  4. リプロダクティブ・ヘルスの向上に必要な教材の開発・制作と頒布

 本会は自助努力による経営的自立を原則として、創立以来今日に至っています。

*:JFPA(略称/Japan Family Planning Association,Inc.)
**:本会ではリプロダクティブ・ヘルスを、家族計画、母子保健をはじめとした「生涯を通じた性と生殖に関する健康」ととらえ、「リプロ・ヘルス」の略称でこの理念の普及啓発を図っています。

運動目標・基本方針・スローガンについて

運動目標

全国どこでも、誰でも、リプロダクティブ・ヘルスサービスを受けられる社会を実現する

基本方針

行政と協力し、専門家の指導を得ながら、リプロダクティブ・ヘルス啓発運動のリーダーシップを確立し事業を推進する

スローガン

6A(シックスエー)をスローガンにして、リプロダクティブ・ヘルスの向上を図る

Adolescent
思春期保健の推進
Abortion
人工妊娠中絶の防止
Access
どこでも誰もがサービスを受けられる
Advocacy
啓発・提言活動
AIDS
STD及びHIV/エイズの予防
Ageing
高齢化社会対策
メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
トップページ JFPAについて 理事長あいさつ/運動目標・基本方針・スローガンについて 研究倫理審査を希望される方へ サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ 国際家族計画連盟(IPPF)会員(MA)としての活動 IPPF・ESEAOR地域会議開催 セミナー&研修会 セミナー情報 メルマガ登録・配信停止 母子保健指導員の研修 ブロック別母子保健事業研修会 トピックス 個人のお客様へ リューブゼリー メノケアモイストゼリー 妊娠を考えたその時から始める「葉酸摂取」 子どもの事故防止教材 「誤飲チェッカー」「誤飲防止ルーラー」 母子保健 健やか親子21の取り組み 遺伝について ブロック別母子保健事業研修会情報 母子保健指導部について 冊子「あなたと赤ちゃんの健康」 お申し込み 子どもの事故予防データベース 子どもの事故防止教材 思春期保健 思春期保健相談士とは 思春期保健相談士の認定について 全国の思春期研究会 思春期電話相談 JFPA 思春期クリニックのご案内 全国の思春期外来 Dr.北村のJFPAクリニック 若者委員会 U-com 女性の健康 緊急避妊Q&A 避妊知識実力テスト PMS(月経前症候群)とは 指導用教材 教材の使い方 DVD教材 パワーポイント教材 PDF教材 機関紙 機関紙「家族と健康」 JFPA家族計画研究センター・クリニックの活動報告 職域保健の現場から 避妊教育ネットワーク