Facebook Twitter LINE
ニュース・トピックス

2022年版「少子化社会対策白書」公表(内閣府)

第819号

 内閣府は2022年版「少子化社会対策白書」を公表した。
 2020年の出生数は、84万835人となり過去最少を記録。合計特殊出生率は、1.33となり、2019年より0.03ポイント低下した。
 特集では、新型コロナウイルス感染症影響下における少子化の現状と対策を紹介している。


詳しい情報はコチラ
【内閣府】少子化社会対策白書



JFPA無料メルマガ登録をお願いいたします!

前の記事へ

今月のページ

季節号・特集号

連載・コラム

バックナンバー