Facebook Twitter LINE
ニュース・トピックス

「着床前検査」不妊治療の一環として4月から開始
―日産婦

第814号

 日本産科婦人科学会(日産婦)は1月9日、体外受精でできた受精卵に染色体異常がないかを調べる「着床前検査」を不妊治療の一環として、4月から開始することを決めた。流産を繰り返すなどした人が対象。
 最近の知見や社会情勢の変化などを踏まえ、同日開かれた臨時総会にて承認され、合わせて同学会「着床前診断に関する見解/細則」を改定した。


【関連リンク】
日産婦「重篤な遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査」に関する見解
日産婦「不妊症および不育症を対象とした着床前遺伝学的検査」に関する見解



JFPA無料メルマガ登録をお願いいたします!

前の記事へ

今月のページ

季節号・特集号

連載・コラム

バックナンバー