Facebook Twitter LINE
ニュース・トピックス

編集後記【806号】

第806号

<新型ウイルス感染症対策情報 東京都、京都府、大阪府、兵庫県に『緊急事態宣言』を発出 7県で『まん延防止等重点措置』を実施 首相官邸>
―首相官邸ホームページを開くと、赤い背景にでかでかとした文字が並んだ画面が目に飛び込んでくる。緊急事態措置は前出の4都府県において、4月25日から5月11日まで実施されるという(4月27日時点)。
 時折利用しているスポーツクラブからも、緊急事態宣言発令に伴う臨時休業のお知らせメールが届いた。「また運動不足で太ってしまう…。」同施設が提供するZoomを使った「おうちトレーニング」もあるが、私はまず家で運動しないタイプなので、感染対策をして近所を散歩でもしようと思う。
 筑波大学笹原信一朗准教授ら研究チームが、労働者を対象とした研究を行い、「森林散策」や「緑地散歩」の頻度が高いほど、ストレス対処力が統計的に有意に高くなるという研究結果を発表した。森林散策や緑地散歩に「週1回以上」行くと答えた人は、「ほとんど行かない」と答えた人と比較して、ストレスの対処力が約2~3倍、「月1~3回」の人でも、約2倍高かったという。わが国の国土の約3分の2は森林が占めているそうだ。皆さんも近場の自然と触れ合ってみてはいかがか。 (大野聡)

前の記事へ 次の記事へ

今月のページ

季節号・特集号

連載・コラム

バックナンバー