メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
一般社団法人 日本家族計画協会

思春期保健

思春期保健相談士とは

2021年07月 公開

※異動などにより住所や勤務先等、変更された方は、「変更届」にてお知らせください。【変更届

思春期保健相談士とは

子どもから大人への過渡期は精神的・身体的に成長・発育していく重要な時期です。この時期は家族や友人あるいは社会の環境に大きく左右され、時に様々な問題に遭遇し、その問題にのみ込まれてしまうことがまま起こります。
そのような思春期の子どもたちに、専門的な知識経験を積みながら適切に対応し支援するのが思春期保健相談士です。

本会が主催する「思春期保健セミナー」のコースI・コースII・コースIIIの全課程を修了すると認定を受けることができます。
2021年3月現在、9,364名の思春期保健相談士が認定され全国で活躍しています。

医師・保健師・看護師・助産師・養護教諭・看護教員・少年補導員などの資格を持った方々が思春期保健相談士の認定を受け、全国の行政・保健・教育・医療・福祉・司法機関などいろいろな分野で、思春期保健の推進のために活躍しています。

(注)平成15年度より「思春期保健相談員」を「思春期保健相談士」に名称変更いたしました。

メニュー ホーム 検索 PCサイトへ