ニュース・トピックス

福井大学がマルトリートメントに関する研究成果を発表

マルトリーメント児に多く見られるオキシトシン遺伝子のDNAの
メチル化は対人関係に関わる脳ネットワークに関与

11月18日、福井大学子どものこころの発達研究センター発達支援研究部門の西谷正太特命助教と友田明美教授らの研究グループは “A multi-modal MRI analysis of brain structure and function in relation to OXT methylation in maltreated children and adolescents” (日本語タイトル:「マルトリートメント児におけるオキシトシン遺伝子のDNAメチル化とマルチモーダル脳MRI解析」)の プレスリリースを行った。

マルトリートメント(虐待などの不適切な養育)を受けた子どもに、オキシトシン遺伝子の一部であるDNAメチル化が一般の同年代よりも多く見られることが分かった。
主に、以下の影響が見られる。

・脳注意ネットワーク内の容量の低下
・報酬系ネットワーク内の脳活動の低下


本研究により、QOLの向上のための、後天的なオキシトシン遺伝子の変化に着目した新しい治療法が今後期待されている。



関連教材のご案内

お母さん、お父さんのまごころでお子さんの不安を包んであげましょう!


画像クリックすると詳細をご覧いただけます(別サイトに移動します)


そのほかのマルトリ・母子保健・思春期保健のチラシはこちら



あわせて読みたい DOHaD説(JFPA情報11月号)

JFPAjyouhou11_main.JPG

【特集】「DOHaD説に基づいた妊婦の体重管理と低出生体重児予防の啓発」
妊娠前からの体重管理や食事など、子育て中のお母さんたちに読んでほしい内容を長崎県では「別冊」という形で盛り込みました。その取り組みを紹介します。

「DOHaD説に基づいた妊婦の体重管理と低出生体重児予防の啓発」


画像クリックするとECサイト「保健指導マーケット」に移動します

「あなたとあかちゃんのすくすくライフ」大きな見本はこちらから

前の記事へ

ニュース・トピックス

連 載

サイドバー1_メルマガ
サイドバー2_セミナー一覧
サイドバー3_保健指導マーケット
サイドバー4_「教材・備品カタログ」送付申込
サイドバー5_防ごう!マルトリ マルトリートメント
サイドバー6_家族と健康