Facebook Twitter LINE
ニュース・トピックス

梅毒の感染数が過去最多

第814号

 国立感染症研究所(NIID)は2021年12月14日、性行為などで感染する「梅毒」の2021年の感染者報告数を発表した。1月から12月5日までの感染者数は7,134人となり、現在の集計方式になってから過去最多となった。全国的に増加傾向にあり、東京が2,226人と最多。大阪は761人、愛知は379人であった。
 NIIDは、例年以上に梅毒の報告数が多い現状を踏まえ、「今後の梅毒の発生動向を引き続き注視するとともに、後述の感染リスクが高い集団に対して啓発を行っていくことが重要」としている。

【関連リンク】
IDWR 2021年第47号<注目すべき感染症> 梅毒



JFPA無料メルマガ登録をお願いいたします!

前の記事へ 次の記事へ

今月のページ

季節号・特集号

連載・コラム

バックナンバー