メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
一般社団法人 日本家族計画協会

トピックス

【新教材】梅毒 急増しています!

2016年06月03日

baidoku.jpg

 

 梅毒が急増しています。2010年での梅毒感染者届出数は621件(男497件、女124件)。これが2015年では、2698件(男1934件、女764件)と、この5年間で、およそ4・3倍にまで増えているのです。
 梅毒は、早期の薬物治療で完治します。皮膚や粘膜に異常があったらすぐに受診し、感染拡大を防ぐことが、社会全体の急務となっています。
 その啓発のために作られたのが、「梅毒急増しています!」。ポスターやパネルとして所内や院内などに掲示することで、自分の感染を疑っている人には検査への背中を押し、そうでない人には感染への注意を促すよう作られています。
 内容としては、梅毒が性的な接触などによってうつる感染症であることを説明した上で、「どうやってうつるの?」「予防できるの?」「治せる病気なの?」「どこで検査を受けられる?」といった、一問一答形式で、分かりやすく解説をしています。
 急増する梅毒感染対策の一つとして、ぜひこのポスター・パネルをご用命ください。




商品の詳細・ご注文はこちら ▶

メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
トップページ JFPAについて 理事長あいさつ/運動目標・基本方針・スローガンについて 研究倫理審査を希望される方へ サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ 国際家族計画連盟(IPPF)会員(MA)としての活動 IPPF・ESEAOR地域会議開催 セミナー&研修会 セミナー情報 メルマガ登録・配信停止 母子保健指導員の研修 ブロック別母子保健事業研修会 トピックス 個人のお客様へ リューブゼリー メノケアモイストゼリー 妊娠を考えたその時から始める「葉酸摂取」 子どもの事故防止教材 「誤飲チェッカー」「誤飲防止ルーラー」 母子保健 健やか親子21の取り組み 遺伝について ブロック別母子保健事業研修会情報 母子保健指導部について 冊子「あなたと赤ちゃんの健康」 お申し込み 子どもの事故予防データベース 子どもの事故防止教材 思春期保健 思春期保健相談士とは 思春期保健相談士の認定について 全国の思春期研究会 思春期電話相談 JFPA 思春期クリニックのご案内 全国の思春期外来 Dr.北村のJFPAクリニック 若者委員会 U-com 女性の健康 緊急避妊Q&A 避妊知識実力テスト PMS(月経前症候群)とは 指導用教材 教材の使い方 DVD教材 パワーポイント教材 PDF教材 機関紙 機関紙「家族と健康」 JFPA家族計画研究センター・クリニックの活動報告 職域保健の現場から 避妊教育ネットワーク