メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
一般社団法人 日本家族計画協会

トピックス

子どもの誤飲 薬が最多に

2015年05月13日

 厚生労働省は、全国のモニター病院および日本中毒情報センターが収集した、2013年度の家庭用品などによる事故を取りまとめた「平成25年度家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」を公表。調査が始まった1979年度以降、誤飲事故の最多であったたばこを抜き、薬が初めてトップとなった。報告は皮膚障害、誤飲、吸入による事故についてまとめられている。

2013年度の子どもの誤飲事例総数は、531件。年齢の内訳は、6~11か月が最も多く147件、次いで12~17か月が130件、18~23か月が63件、2歳が82件となっている。死亡事例はないが、入院・転科・転院は30件あった。
 96件で最多となった「医薬品・医薬部外品」の誤飲は、前年度(57件)より大幅に増加しており、入院となった事例も他製品より多い。「母親がトイレに行っている間に、バッグに入っていた風邪薬を最大で14錠飲み、2日間入院」など、薬理作用による重篤な健康被害が発生した事例も報告されている。
 年齢層では、たばこが6か月~17か月児に多いのに対し、「医薬品・医薬部外品」では、自分で容器のふたを開けられるようになる1~2歳が75%を占めていた。
 喫煙率の低下によって、たばこの誤飲は減ってはいるものの、依然として多い。誤飲を発見した後の処置として飲料を飲ませる事例が36%あったが、飲料を飲ませるとニコチンが吸収されやすくなり、かえって悪化する場合がある。報告では「たばこを誤飲した場合には、飲料は飲ませず直ちに受診することが望ましい」としている。
 厚労省は、「事故は家族が小児に注意を払っていても発生する」とした上で、「小児のいる家庭では、小児の目に付くところや手の届く範囲には、小児の口に入る大きさの物は置かないように」と呼び掛けている。
3面 BG1.gif



子どもの誤飲予防アイテム・教材はこちら! ▶

メニュー ホーム 検索 PCサイトへ
トップページ JFPAについて 理事長あいさつ/運動目標・基本方針・スローガンについて 研究倫理審査を希望される方へ サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ 国際家族計画連盟(IPPF)会員(MA)としての活動 IPPF・ESEAOR地域会議開催 セミナー&研修会 セミナー情報 メルマガ登録・配信停止 母子保健指導員の研修 ブロック別母子保健事業研修会 トピックス 個人のお客様へ リューブゼリー メノケアモイストゼリー 妊娠を考えたその時から始める「葉酸摂取」 子どもの事故防止教材 「誤飲チェッカー」「誤飲防止ルーラー」 母子保健 健やか親子21の取り組み 遺伝について ブロック別母子保健事業研修会情報 母子保健指導部について 冊子「あなたと赤ちゃんの健康」 お申し込み 子どもの事故予防データベース 子どもの事故防止教材 思春期保健 思春期保健相談士とは 思春期保健相談士の認定について 全国の思春期研究会 思春期電話相談 JFPA 思春期クリニックのご案内 全国の思春期外来 Dr.北村のJFPAクリニック 若者委員会 U-com 女性の健康 緊急避妊Q&A 避妊知識実力テスト PMS(月経前症候群)とは 指導用教材 教材の使い方 DVD教材 パワーポイント教材 PDF教材 機関紙 機関紙「家族と健康」 JFPA家族計画研究センター・クリニックの活動報告 職域保健の現場から 避妊教育ネットワーク